プーケットのスパ&エステ、タイ古式マッサージ、ダイビング、観光ツアー 、離島、オプショナルツアー 

タグ:シーカヌー ( 17 ) タグの人気記事

3月7・8日

d0116622_18131546.jpg


プーケットでは体験ダイビングとシーカヌーに参加されました。
もちろんパトンナイトも!!
体験ダイビングの日の海洋状況はとっても良かったですね。
ぱちぱち写真も撮られていました。
シーカヌーではパンガーの自然の素晴らしさに感動!

この日はスタッフも一緒に行きましたが、スタッフ海中案内人もパンガーの素晴らしさに感動していました。

セルフパドリングのシーカヌーはとってもサービスが良いのでオススメです。

プーケットでシーカヌーに挑戦!
[PR]
by frcphuket | 2008-03-12 18:17 | プーケットで微笑む

パンガー湾セルフパドリング・シーカヌー

d0116622_17483727.jpg


パンガー湾のシーカヌー、セルフパドリングコースに参加です。
大きなボートに乗って出発!
パンガーの島まで1時間ほど船で移動です。
船が動き出すと、まずはブリーフィング。まるでダイビングのようですね。
ポイントの説明もしてくれます。

d0116622_1751443.jpg


ポイントに到着するといよいよセルフパドルのスタート。
これが案外難しい??
二人乗りの場合は息を合わせるのが大切です。

d0116622_17531251.jpg


慣れてきたら、こっちのもの!
好きなようにすいすい進みます。
島から島へ移動!
皆で力を合わせていこう!

d0116622_17542537.jpg


ひっくり返ったついでに泳いじゃえ!!
転覆も楽しい??

d0116622_1891753.jpg


島に上陸して木陰で休憩するのも気持ちが良い~。
野鳥の声が聞こえるなんて、感激!

d0116622_18122515.jpg


このシーカヌーの魅力は、何と洞窟に入ること!自然が作りだした巨大トンネルです。
そしてセルフパドルチームは満潮だと歩いて通過します。
歩いて??

そう、パンガー湾の海の中を歩くんですよ!

d0116622_18103542.jpg


洞窟を抜けると、中はラグーンになっています。
これも自然が作った光景。
雨の浸食によってこのように真ん中がくりぬかれて絶壁の中にいます。
皆で記念撮影~。

d0116622_17445134.jpg


午前中2時間漕いだり歩いたりと結構体力の要るコースですね。
お腹もぺこぺこなのでいただきま~す。
コックさんがボートの上で作ってくれただけあって、美味しい!
料理の数も多く、全部美味しいですね~

d0116622_17463796.jpg


午後のコースに行く前に皆で記念撮影!
午後は1時間、セルフパドルを楽しみます。
食後なのでゆったり漕ぎます!


セルフパドリングコースに参加したい方はこちらから
[PR]
by frcphuket | 2008-03-03 17:56 | プーケットのアクティビティ

2月19~23日

d0116622_16582241.jpg


大学のゼミメンバーでプーケットに卒業旅行です。
19日にプーケットにいらして、23日までたっぷり遊んでいかれましたよ!

20日は南周りツアーに参加し、プーケットの観光地をめぐりました。
寺院や景色のきれいなビューポイント、フルーツ市場、生鮮市場、象乗りとアジアを感じる旅です。その後、そのままパトンナイトをしました。

21日はシーカヌーのセルフパドリングに参加されました。「自分達でたくさん漕ぎたかったんです!」とのことでしたが、午前中に2時間漕ぐのは結構大変だったかな??
でも、マングローブ樹林やラグーンなど熱帯地域にしかない景観を思う存分楽しみましたね。
この日はアルコールが飲めないので、プーケットタウンで一緒に食事をしました。
皆で食べるタイメシは美味いですね~

22日は午後からのんびりカイ島に出発です。
さんご礁が綺麗に生息しているカイ島でスノーケル!
長くなく、短くないちょうど良い時間なのがいい、カイ島半日ツアーです。
この日はちょっと綺麗なレストランとリクエストをもらっていたので、タウンのレストランに行きましたよ!そう、この日もアルコールが駄目だったんです。ま、ビールは無くても話に花は咲きますね~

最終日は2チームに分かれて行動しました。1チームはスパ、もう1チームは水族館に行きました。
[PR]
by frcphuket | 2008-02-25 16:51 | プーケットで微笑む

1月23・24日

d0116622_23501872.jpg


初の海外旅行の候補地に選ばれたのは、なんとプーケット!
しかも、お一人での旅行です。

N君は中2日ある自由時間をコーラル島、そして、4 in 1のシーカヌーに参加されました。

特にシーカヌーは周りが欧州人ばかりなので、日本ではなかなか味わえない雰囲気を味わえます。
いかがでしたか???
そして、パトンナイトも開催です。

定番のバングラ通り(ソイ バングラ)の綺麗なオカマたちと記念撮影です!
嫌だな、にやけないでよ!
オカマだからね!とはいえ、オカマさんはとっても女らしい・・・
酔っ払っていたら、思わず間違えちゃうかも??
なんて思ったり・・・

島風案内人のパトンナイトって??
[PR]
by frcphuket | 2008-01-24 23:49 | プーケットで微笑む

1月9・10・11・12日

d0116622_22203557.jpg


突然いらしたお客様AKさん。
おまかせに近い状態でツアーのお申し込みです。

まずはプーケットタウンの夜ツアー&パトンナイト。
そして、4 in 1シーカヌーではジェームズボンド島に行き、シーカヌーも堪能してきました。
象のショーではヒーローに??象にマッサージされ、気持ちよいのかなんなのか??

中日にはのんびりしにランヤイ島へ行きました。AKさんは日焼けしたくない派なので、近場の離島にちょこっと行って見たいと希望なので、ランヤイ島へ。人口密度が高くないランヤイ島はオススメですね。

そして、午後からはサンセットツアーに参加して、プーケットの最南端でサンセットを見てきました。その後はプーケットタウンで大いにお買い物されたようです。

最終日はカナシィアスパでリラックス。2時間半で癒されていました。
初めて体験されたスパとのことですが、それなりに気に入られていた様子です。

また時間が会ったら遊びに来て下さいね!

プーケットのスパ予約
[PR]
by frcphuket | 2008-01-17 22:32 | プーケットで微笑む

11月1・2日

d0116622_2248737.jpg


1日はまずは象乗りです。
島風定番の象乗りへ行きました。
昨日からシーズンに入ったんです。とか色々はなしましたね。

お二人はバンヤンツリーにお泊りなので、プーケットのドライブも兼ねて、プロンテップ岬までのんびり周遊です。

ラグーナ地区お泊りのかたサービスのレモングラスハウスにお立ち寄りしました。
僕も一緒に買い物しちゃいました。

2日はシーカヌーです。
パンガーをじっくり観光で、この日の天候は暑すぎるくらいでした。
ジェームズボンド島で泳げる気候になってきましたね。
そして、Nさんはシーカヌーの時に、なんと泳いじゃいました!!

はじめて見ました!シーカヌーから自ら飛び降りている人を!!
これにはタイ人もビックリ??
でも、本当に楽しそうな笑顔です。
[PR]
by frcphuket | 2007-11-05 22:55 | プーケットで微笑む

10月25日

d0116622_2140272.jpg


4 in 1 シーカヌーに行ってきました。
象乗りキャンプから場所が変わって初めての同行です。

水牛車があまり評判が良くなかったようで、ゾウのダンスに変わったそうです。
ゾウが踊ると聞いてビックリ!
渋い、タイの民謡に合わせてゾウたちが踊ります。
いつも一番ノリノリで踊るゾウが寝不足のため、他の2頭が頑張って踊ってくれました。
なぜ寝不足かって? 雨が降ると、地べたに体をつけるのが嫌で、寝不足になるみたいです・・

そんなこんなで、始まったシーカヌーツアーは今日も盛りだくさんのプログラムです。
今日は国際色豊かで、いろんな人種がミックスです。

インターナショナルな雰囲気を味わいたい方におすすめですよ!

4歳の男の子せおくんは全く怖がることなく、のびのびと遊んでいました。


プーケットの旅の相談は??
[PR]
by frcphuket | 2007-10-31 21:57 | プーケットで微笑む

10月10・11日

d0116622_1839208.jpg


6人娘はコーラル島とシーカヌーツアーに参加、そして、夜はパトンナイトとプーケットタウンナイトに参加です。
コーラル島では、プライベートスノーケルコースに参加です。
日本人ダイビングインストラクターが安全なスノーケルをお教えしますよ。

スノーケルだけでなく、バナナボートやパラセーリングも楽しみましたよ!
本当に仲の良い職場のメンバーなので、一緒にいて僕も楽しいです。

写真を撮るときは6人でポーズ!!
いっぱいいろんな写真を撮りましたね!

美味しいタイ料理もたくさん食べたし、プーケットを満喫していました。


プーケットの旅行は島風におまかせ!
[PR]
by frcphuket | 2007-10-23 18:37 | プーケットで微笑む

10月4日・5日

d0116622_3315971.jpg


4歳の女の子、こころちゃんと一緒に象乗りに行きました。
ラグーナ地区(バンタオビーチ)にお泊りだったので、レモングラスハウスがとっても近いのです。
行きに、お母さんのご希望でレモングラスハウスに寄りました。
約30分、お母さんは真剣そのもの。全商品をじっくり見て吟味してました。

さてさて、車を走らせること、約60分、カタビューポイントに到着です。
まだ、行ったことのない、パトンビーチ・カロンビーチ・カタビーチが一望できます。
風の通りもよく、気持ちよいですね。

そして、いよいよお待ちかねの象乗りです。
その前に、ゾウの標識で記念撮影!ところが、こころちゃんお休み中です。
お父さんもウトウトです。ということで、お母さん一人で撮影しちゃいました。

象乗りに到着後もこころちゃんはウトウトです。
「どうしますか?起こします??」
「いいえ。このままで良いんです。ちょうど良かった~」
「???」
実はこころちゃんは昨日、ラグーナ地区で象をみて泣いてしまったとのことです。
寝ているうちにゾウに乗れば、あの怖かったゾウに乗っていることは分からない!というお母さんの作戦です。
お母さんの作戦は大成功でした。
目の前にゾウが来ても、もう怖くありません!

帰りに、プーケット最南端のプロンテップ岬で景色を堪能した後は、ココナッツジュースをいただきました。ここで・・・
「美味しくないですね~」
そうですね。好き嫌いがはっきりしていますよね。キライな方にはお水にしますので、あらかじめ教えて下さいね!

ワットシャロンによって、そして、BIG-Cでお買い物をして帰りました。

そして、次の日はシーカヌーです。さらにパトンナイトでひみつの田舎料理にも行きましたよ!
[PR]
by frcphuket | 2007-10-22 03:32 | プーケットで微笑む

パンガー湾一日シーカヌー

d0116622_13485011.jpg


本日のシーカヌーはパンガー湾に一日シーカヌーです。
パンガーの自然にたっぷり浸かれるツアーですよ。

まず、ツアーの流れですが、8時半ごろホテルお迎えです。
そして、ポー湾まで車で移動後、メンバーが集まり次第出港となります。
だいたい9時15分くらいに出港です。

ポー湾からパンガーに向けて、北上します。
だいたい1時間くらいで、ホン島に到着します。
その前に、まずはセルフパドリングチームをホン島の手前で下ろします。
そうです。セルフパドリングコースは自分達で漕ぎます。
この日は午前中に2時間漕ぐそうです。初めての人でも、簡単に進むシーカヤックです。

d0116622_13501048.jpg


私が参加したのはガイドさんが漕いでくれるコース、シーカヌーです。
シーカヤックとシーカヌーの違いは??
シーカヤックはプラスティックで出来ています。2人乗り、一人乗りがあります。
シーカヌーはゴムで出来ています。最大3名(ガイドさんを入れて)まで乗ります。

シーカヤックは降りるときに水に入るため、水着着用です。途中で島に上陸して休憩&スイミングタイム?をとるようでした。
そんなシーカヤックチームとは別れて、まずはホン島です。
雨の浸食により、一枚岩だった岩が、くりぬいた状態になっています。
ちょうど壁に囲まれた部屋のようになっているからホン島=部屋の島と呼ばれているみたいですね。
パンガー一帯は石灰質なんですね。あちらこちらに鍾乳洞があります。
モンキーケイブ寺院にも鍾乳洞がありますが、そこらじゅうであるんだな~!と感心しました。
石灰岩ってとってもやわらかい岩なんですね。よく見ると海水の満ち引きで削られているんですね。へぇ~とこれまた感心。

d0116622_1351190.jpg


約1時間の探索を楽しんだ後は一度船に戻り、休憩です。フルーツやお茶をいただきます。
船を走らせ、次の島へ。

こちらはなんと200Mもの長い洞窟がある島です。
まるで、東京ディ○ニーラ○ドのカリブの海賊のようで洞窟の独特な匂いがあります。そして、うすぐらーい雰囲気もこれまた他では体験できないな~としみじみ。
200Mの洞窟なので、中は真っ暗です。懐中電灯の光をたよりに漕ぎます。
こうもりも飛んでいます。見つけてみて下さいね。

d0116622_13513251.jpg


そして、昼食です。美味しいシーフードランチです。
魚料理・エビのフリッター・チキンのカレー炒め・野菜炒め・オニオンリング・鶏のココナッツスープなど、食べやすいタイ料理です。美味しくてビックリしました。
ソフトドリンクもフリーです。

d0116622_13521060.jpg


食後はしばし休憩です。
セルフパドリングチームは休憩するか漕ぐかその時々で決めるようです。

午後も1カヌーです。本当に自然のすごさを感じることが出来ます。
野生のサルと対面。なんと、サルは生牡蠣を食べに岸まで降りてくるみたいです。
かなりの数のサルにビックリでした。どうやってこの孤島まできたのかなぁ~。
と不思議ですが、サルも優雅に暮らしているのであれば、天敵もいなく幸せかも知れませんね。

d0116622_13531181.jpg


大自然の静けさを味わえるツアーです。
森の静けさって日本人はなじみがあるきがしますが、海&ジャングルの静けさって全く違います。自然の静けさに鳥肌を感じた私でした。

一日シーカヌーも良いな~
[PR]
by frcphuket | 2007-10-10 13:57 | プーケットのアクティビティ