プーケットのスパ&エステ、タイ古式マッサージ、ダイビング、観光ツアー 、離島、オプショナルツアー 

<   2007年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

BIG-Cでショッピングツアー

d0116622_22313041.jpg


プーケットでショッピングの楽しい場所はありませんか??

そんな質問がよくあります。

セントラルフェスティバルも良いですし、ロータスも良いです。
そして、もちろんBIG-Cも良いですよ。

BIG-Cは地元のタイ人の人向けの大型スーパーです。
日用雑貨から食品、そして、洋服や下着、お土産などの民芸品も売っていたりします。
地下にはフードコートもあります。

箱やお土産用の袋に入ったしっかりとしたお土産を買うのはむずかしいですが、タイのラーメンやお菓子などを購入するには最適です。

スパの後にBIG-C、象乗りの後にBIG-Cと組み合わせることも可能ですよ!

詳しくは、島風にお問い合わせください!
[PR]
by frcphuket | 2007-10-08 22:41 | プーケットの観光ツアー

大人気のカナシィアスパ

d0116622_217353.jpg


プーケットタウン郊外にある、タイ風のスパです。
フロント、更衣室&サウナ、ジャグジー、トリートメントルーム、タイマッサージ&フットマッサージ用のサラに分かれていて、グリーンたくさんのスパです。

吹き抜けはとても気持ちがよく、冷房を一切使わないのも、また心地よさを感じます。

冷え性の私にとって、冷房がないのはとても都合の良いんです。
最初は心地よく感じる冷房、一度寒いと感じるとどんどん寒くなっていきますよね?

そんな私でも安心してくつろげるのがカナシィアスパです。
逆に、暑い場合は、扇風機の風で調節してくれます。

スパの噴水の音を聞きながら受けるマッサージは格別の癒しですね。

d0116622_21131591.jpg


更衣室兼、サウナ&ジャグジーです。
上記にもタイ風スパと書きましたが、こちらのスパの基準はタイ?
シャワーなどは基本的にお水です。
え??とビックリされる日本人も多いのではないでしょうか??
基本的にタイ人は水のシャワーなんですよ。
常夏の国なのでOKなのです。

女性用はシャワーが4箇所、タイハーブのスチームが1箇所、高温サウナが1箇所、ジャグジーが1箇所です。

他のスパは冷水のジャグジーが多いですが、カナシィアスパはぬるま湯です。

まず、シャワーで身体をきれいにしてからサウナ&ジャグジーに入りましょう。
30分後にセラピストさんが外にお迎えに来ます。

d0116622_21463644.jpg


こちらがシングルタイプのお部屋。
部屋の奥にはシャワーがあります。このシャワーはボディスクラブやマスク後に使用します。

d0116622_2148335.jpg


こちらはツインタイプの部屋です。
カップルやお友達同士でお申し込みはこちらになります。


タイ人の温かさを感じるスパですね。
トリートメント終了後は、更衣室に戻り、着替えをします。

気がエゴはフロントにてフルーツ、お茶をいただいて、スパの余韻に浸って下さい。

カナシィアスパって??
[PR]
by frcphuket | 2007-10-08 21:50 | プーケットの癒しスパとエステ

プーケットでトローリング

d0116622_20284037.jpg


今まであまりつりをしたことない僕makotoが、プーケットの釣り事情を調査に行きました。プーケットの釣りツアーは、トローリング中心のツアーが多いです。
トローリングといえば??松方弘樹ってイメージですかね??
食べる釣りというよりはスポーツ!ってイメージのほうが強いですね。

とにかく今回は、大盛り上がりでした。今日の感想は一言で表すと「楽しい」です。

何が楽しい?いや、何が?というものはない。あるとしたら、みんなが、海の上で、「魚を釣りたい!」という同じ気持ちを持って1日過ごすこのツアーは、釣った人をみんなで祝福したりと、少人数で一緒に盛り上がれるので、オススメです。とくに、欧州人の陽気なノリで場の雰囲気が盛り上がります。

スケジュールは、ホテル(パトンビーチ)にお迎えが8時頃。チャロン港に8時半過ぎに到着します。到着後バスに乗って桟橋の先にある船付場に移動。乗り換えます。

全員集まると出発。9時出航でしたね。


d0116622_20302151.jpg


午前中は、トローリングです。

船が出発したと思ったら、クルーが、1~数字が書いてあるトランプを人数分出してきた。みんなで順番に引いていく・・。数字が早い順からトローリングで引っかかった魚を釣る順番となります。突然カードを渡せれ、最初はビックリしましたが、そういうう事なんです。
乗り合いですから、皆で仲良くつりを楽しみましょうね!

みんなで釣れるのを待つこの瞬間は、とても時間が長く感じますね。よく言えば、それだけ時間を優雅に使えているのかな??そんな気分になっていると、針に何かがかかりました。みんなで「オー」という歓声と共に釣り竿をにぎる人がヒーローになる番です。しばし、魚との格闘劇です。「これはでかいぞ!!」「大物かな?」なんて思いを託し、リールを巻いていきます!釣れたらその喜びはやめられません。今回はよく魚が釣れたみたいで、7人全員が2回釣りました。大漁大漁!

その後、12時ラチャヤイ島の浅場に停泊。フィンはありませんが、マスクはフリーで貸し出ししていますので、スノーケルができます。ラチャヤイ島は浅場にサンゴ礁があるところがあり、綺麗です。ちょっと遊んでいると、昼ごはんタイム。チャーハンと、フライドチキン、釣った魚の揚げ物と、簡単なお昼ご飯でしたが、釣り船で食べるご飯はまた美味しかった。でもこれ、魚がつれなかったら、チャーハンとチキンだけです。皆さん、午前中に必ず釣り上げて下さいね!

d0116622_20313194.jpg



希望により、クルーに「刺身」というと、特別にクルーが切ってくれます。
刺身を希望するのは日本人くらいなので、チップをあげましょうね。

わさびと醤油とアルコールがほしい瞬間です!!
ここのボートクルーはイスラム教、よってアルコールなどは飲まないので、販売もしていません。
飲みたい方、醤油、ワサビが必要な場合は各自用意して下さいね。

d0116622_20322988.jpg


その後、13時過ぎにラチャヤイ島から離れ、沖側で、40mほどの水深に糸を垂らすハンドライン(手釣り)に挑戦。1時間くらいでしたね。美味しそうなアオリイカを餌にして、あのイカ食べたいな~なんてのんきな事いいながら糸を水底まで落とす。なんとも原始的なスタイルで釣るこのやり方は、またそれはそれで面白いですよ。トローリングとはかけ離れていて、良いですよね!ザ・タイランド!って感じです。

d0116622_20332341.jpg


その後またトローリングタイムが始まり、最後港に着く30分前まで続きます。

本日は、港には16時40分ぐらいに着きましたね。ホテル(パトンビーチ)へは、17時半に着きます。海況などによっても時間が変わると思いますね。


d0116622_20353346.jpg


今回の参加者は、我が、釣り好き美人姉妹を含め、ロシア人(英語喋れなかった)とオーストラリア人。文化と言葉の壁なんかはありませんでした。1匹釣るごとに吠えていたロシア人・・終始ニコニコのオーストリア人・・みんなでニコニコ笑顔で、過ごす1日は、僕に強烈にインパクトを与えました。港に帰ってきたときにはみんな「同志」になっていましたね。バラクーダの釣れなかった、チーム「バラクーダ」は永遠に不滅です!

また一緒に釣りに行きましょうね。釣り好き美人姉妹さん!

船の作りは、

長さは15m弱の船。2階建て。ツアー遂行マックス8人の釣り船としては、風が良く通る船で、無駄なスペースもなく、人が座れるスペースも結構あり、快適に1日を過ごせました。

とはいえ、今回は快晴で波もなく快適でしたが、波がありおおしけの場合は、地獄だということが予想できます・・
根っからのつり好き以外の人はあまりオススメできません。

トイレは、マリントイレで、海に直接流れるので、トイレットペーパーは流さない。備え付けのゴミ箱に捨てましょう。ちょっとスペシャルなトイレで、便座にあるレバーを押し引きを繰り返すと水が出てくるスタイルのトイレ。タイ式に手動ビデがついてあります。慣れれば意外に快適。

d0116622_203431100.jpg


1階部分が、後ろ半分が釣りスペース。前半分は、半分はトイレとキャプテンルームが前方にあり、真ん中にテーブルとイスがあるリビングルーム。2階は、屋根があり、簡単な長いすが置いてあり、床にも横になれます。万が一の場合はそちらをお使いください!

必要なもの:醤油、わさび、お酒、日焼け止め(日焼けは本当に気をつけてください。冗談ではなく、ひどく焼けます。)、汚れてもいい格好(魚の返り血を浴びる可能性あり)、水着、タオル、宵止め(前夜寝る前・当日朝ごはん後に飲んでおく。オススメは「アネロン」という日本製の薬)タイ人クルーへのチップ(1人当たり、キャプテンとクルーに100~Bずつ。刺身を切ってくれたら、切ってくれたクルーに別でチップを上げましょう!) 雨が降りそうな場合は、レインコートまたはウィンドブレーカーを持参。


d0116622_20362853.jpg

[PR]
by frcphuket | 2007-10-08 20:38 | プーケットのアクティビティ

シーカヌー 4 in 1

d0116622_17203821.jpg


シーカヌー 4 in 1は一日、パンガーをたっぷり楽しむツアーです。
まずは、象乗りからスタートです。気質のおとなしいアジア象に乗って、トレッキングです。
ご希望で象使いのように首の上に乗れます。あまり小さいお子様には少々危険なので、中学生以上くらいからですね。
約15~30分のトレッキングです。
象乗りの他にダチョウやワニ・いのししやお猿さんもいるエレファントキャンプなので、お子様も楽しめます。ちょっと小さな動物園みたい?です。


d0116622_17304177.jpg


次はロングテイルボートに乗り換え、シーカヌーです。
パンガー国立公園内でシーカヌーを楽しみます。
大きな岩がそびえたつパンガー。数十の岩岩しい島に囲まれ、湖のように穏やかな湾です。
マングローブ樹林が生息し、水の色はエメラルドグリーン!
ジャングルを探検している気分も味わえます。


d0116622_17401961.jpg


シーカヌーのポートに着くと、まず停泊船に乗換えです。
そして、グループごとにカヌーに乗り換えます。
晴れていればほとんど濡れることはありません。場合によってはお尻が少々濡れる場合もあります。不安な方は水着を下に着ていくと良いですね。
約40分カヤッキングを楽しみます。
マングローブ林の間を抜けたり、洞窟をくぐったり、ちょっと島に上陸したり。
行く場所は潮の満ち引きで変わります。ということは、毎日少しずつ違ったコースですね。
スリルを楽しむ派は満潮のときに行くとスリル満天ですよ。


d0116622_17394168.jpg


お昼は海上生活をしているシージプシー村でいただきます。
セットメニューで、チキン、チャーハン、野菜のオイスターソース炒め、鶏のカレー炒めなどで、辛くないのでお子様もいただけます。食後はフルーツとコーヒー紅茶で、一息。
レストランをちょっと出て、シージプシー村を見学することも出来ます。
食後はあの有名な島ジェームズボンド島に向け出港です。


d0116622_17464660.jpg


ほら、あの有名な岩ですよ!
007で出てきた・・
って私もその映画まだ見たことありません・・・
ちゃんと島の名前もついていたのですが、映画の後はジェームズボンド島!というあだ名が浸透したそうです。
岩盤が割れ、寄りかかっていたり、小さな鍾乳洞もあります。記念撮影ポイントですよ!
パンガーの島は石灰岩なんですね。
石灰岩はとっても柔らかい岩で、波の浸食もとても受けやすいんです。


d0116622_17511590.jpg


最後はモンキーケイブ寺院です。
名の通り、お寺の周りにお猿さんがたくさんすんでいます。
お腹が空いているサルはかなり横暴なので気をつけて下さい。
私もTシャツを引っ張られ、ご飯とすがられました・・
バナナなどもっていると襲い掛かってきます。
このお寺はかつて日本軍が侵攻してきたと、日本人には少々耳がいたい歴史があります。
お寺の上の岩場にかくれ、身を隠したため難を逃れたそうです。
このお寺の上にも鍾乳洞があります。

最後にカシューナッツ工場に立ち寄りツアー終了です。
かなり充実した一日が過ごせると思いますよ。

4 in 1をもっと見てみる??
詳しくはこちら・・・
[PR]
by frcphuket | 2007-10-07 17:57 | プーケットのアクティビティ

バナナボート in コーラル島

d0116622_173675.jpg


プーケットのシャロンベイよりスピードボートで約15分。
まさにリゾート地として名の高いコーラル島です。
そんなコーラル島で、バナナボートに挑戦です。

バナナボート!誰もがリゾートのマリンアクティビティにあげるスポーツですね!
そして、難しいことなく楽しめるアクティビティなので、おすすめです。

操船によっては海のロディオ、やさしく操船すれば、快適な乗り物です。
あなたはどっちを選ぶ??

もちろん激しいロディオですよね??
その場合はタイ人スタッフにリクエストして下さいね!

万が一落ちても、大丈夫!
皆ちゃんとライフジャケットを着用します。

泳ぎに自身がある人は??
泳げる方も、沖まで出るので安全のためライフジャケットを着用してくださいね。

やってみたいけど、当日決めたい!!
もちろんそんな要望も可能です。お子様など、実際のバナナボートを見てから決めたい場合は当日コーラル島でスタッフに告げて下さいね。
英語が苦手な方もシンプルに「バナナボート!」といえば分かってくれると思います。
バナナボートが始まったらなんとなく寄っていくのも良いですね!
のんびりしていたら終了してしまったなんてこともありますので・・


皆で憧れの島コーラル島に行こう!!
詳細・お申し込みはこちらから~
[PR]
by frcphuket | 2007-10-07 17:17 | プーケットの離島ツアー

ワットプラトーン

d0116622_16215690.jpg


ワットシャロンに続いて有名なお寺です。アクセスは空港に近く、有名なパトンビーチからは遠いため、あまりツアーに組み込まれていないお寺ですね。
でも、やっぱりお寺好きにはオススメですよ。
楽園リゾートプーケットでも、タイらしい寺院はたくさんあります。
タイのお寺は赤と金色が基調になっていて、青空の元写真を撮るととっても綺麗ですよ。

d0116622_16281365.jpg


境内の地図です。敷地は広いですよ。
どこが本堂とか書かれているんですが、全てタイ語なので、分かりませんね。
でも、なんとなく分かります。建物がいくつか建っていますし、参拝に来ているタイ人が先生ですね。

d0116622_1631361.jpg


ワットプラトーンとは??日本語に訳すと黄金寺院という意味です。
そうです。本堂には人の高さくらいの仏像が胸の位置まで埋まっています。
話によると、この仏像は、いくら彫っても掘り出せないようです。
ミャンマー軍がかつて侵略してきたとき、どんなに掘っても掘り出せなかったという話があります。
現在は黄金の仏像を守るように、本堂が建てられています。
信仰深いタイ人が参拝に来ています。参拝の仕方はタイ人に習いましょう。

d0116622_16515850.jpg


女性が気をつけなければならないことは、僧侶に触れてはいけないことです。
女性に触れることで僧侶は今まで修行してきた成果が全て水の泡になってしまうそうです。
お寺はタイ人にとって神聖な場所です。
キャミソールなど、肩が出る服装、極度に短いパンツなども控えましょう。
はだしやサンダルはOKです。


ワットプラトーンに行こう!!
島風案内人の旅案内所の北周りツアーで行くことが可能です。
お申し込み・詳細はこちら
[PR]
by frcphuket | 2007-10-07 16:56 | プーケットの観光ツアー

10月4日

d0116622_1644341.jpg


コーラル島に向け出港です!
いってらっしゃーい!

タイには何回もいらっしゃている3人組さんです。
今日はコーラル島でのんびりスノーケルday。

おもいっきりリゾートを味わってきてくださいね。
[PR]
by frcphuket | 2007-10-06 16:46 | プーケットで微笑む

10月4日・5日

d0116622_16344138.jpg


象乗りですよ~。
このお二人にはパトンナイトについて面白い質問をもらったんですよね~。
僕は一生忘れないですよ!

象はかわいいでしょ??

5日はダイビングに行きました!ポイントはラチャヤイ島です。
シミランのように美しかったですね。
アンダマン海の素晴らしさを分かってもらえたカナ??

そして、もちろんパトンナイトもね!

島風の旅案内所はこちら・・
[PR]
by frcphuket | 2007-10-06 16:39 | プーケットで微笑む

10月3日

d0116622_1629151.jpg


象乗りに行ってきました。
プーケットによる前にバンコクを1日観光してきたお二人ですが、アジアの匂いがキライなお二人。
それはバンコクはきついですよね。
プーケットはリゾートな部分を持っているので、泊まる場所によっては全くアジアを感じることも無いですよ~。
なんて話をしました。

前からの希望だったパンケーキ、ロティを無事食べることができてよかったです!

プーケット島風案内人の旅案内所
[PR]
by frcphuket | 2007-10-06 16:32 | プーケットで微笑む

10月1日・2日

d0116622_16234422.jpg


プーケット到着後にメールをいただき、ツアーの手配です。
10月2日はコーラル島に行きました。

8歳のお嬢さんはとってもかわいかったです。
そうそう、いつも聞くこと忘れてしまいました。

「おじさん、タイ人に見える?日本人に見える?」
100%の回答率でタイ人と返って来るんですよね~。

ファミリーで休暇を楽しむプーケット旅行って良いですよね。
ほほえましくなりました。

プーケット島風案内人の旅案内所
[PR]
by frcphuket | 2007-10-06 16:27 | プーケットで微笑む