プーケットのスパ&エステ、タイ古式マッサージ、ダイビング、観光ツアー 、離島、オプショナルツアー 

<   2007年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

10月6・7日

d0116622_18243783.jpg


大阪からいらしたお二人です。
プーケットにきまーすとメールをもらい、ツアーの相談は到着後しました。

どこに行きますか??
「コーラル島+スパのセットでお願いします。」
ということで翌日離島へ出発。親切なホテルのスタッフが、朝食をボックスにつめてくれたようで、港に到着後、出発までにむしゃむしゃ食べていました。

離島で癒され、スパで癒され、いやされ三昧のお二人。
さらにパトンナイトを楽しみ、最終日にもスパで癒されました。
チャエイムスパとカナシィアスパ、どっちが良かったか聞いてみました。
カナシィアスパのマッサージの技術は最高とのことです。
チャエイムスパはとっても綺麗だけど、このお二人はカナシィアスパをとても気に入った様子でした。
[PR]
by frcphuket | 2007-10-23 18:27 | プーケットで微笑む

10月8日10日



d0116622_3414957.jpg
プーケットに到着後、お電話いただきました。
どこに行きますか??
「コーラル島+スパのセットでお願いします。」
ということで翌日離島へ出発。親切なホテルのスタッフが、朝食をボックスにつめてくれたようで、港に到着後、出発までにむしゃむしゃ食べていました。

離島で癒され、スパで癒され、いやされ三昧のお二人。
さらにパトンナイトを楽しみ、最終日にもスパで癒されました。
チャエイムスパとカナシィアスパ、どっちが良かったか聞いてみました。
カナシィアスパのマッサージの技術は最高とのことです。
チャエイムスパはとっても綺麗だけど、このお二人はカナシィアスパをとても気に入った様子でした。


こちらのお二人もプーケット到着後にツアー申し込みの電話をいただきました。
ボードをやるお二人なので、天気を見てツアーに参加とのことです。
ピピ島とスコーカルチュラルスパに行きました。

ピピ島の綺麗さに大感激!
心から楽しんでいる様子でした。

スパは、ワット・シャロンお立ち寄りが無料でついてくるスコーカルチュラルスパへ。
初めて行った時、僕も儀式に感動しましたよ。
とにかくスパを楽しみにされていたお二人でした。
[PR]
by frcphuket | 2007-10-22 03:42 | プーケットで微笑む

10月6日

d0116622_3391224.jpg


プーケットのリピーターさんは船をチャーターしてトローリングに行きました!!
この日はあいにく、大シケのアンダマン海・・

高波にもめげず、つりを楽しみましたよ!
とはいえ、本当によく揺れました。

船が動いているときは良いのですが、魚がかかると船を止め、格闘します。
その間は、ガンガンに揺れます・・

本当に釣り好きで、酔わない人?船釣りに慣れている人にはいいのですが、そうでない場合は、安易に参加すると結構つらい思いをするでしょうね。
今回はチャーターだったため、船のスペースも広く使えますが、乗り合いの場合は寝るスペースも限られてきます。
乾季に行く場合は、毎日ほどベタ凪でしょうが、雨季で参加の場合は、前日の海況をみて決めたほうが良いかもしれませんね!

夜は皆で釣った魚を食べました。
とっても美味しかったですよ!

一緒につりに行きます??
[PR]
by frcphuket | 2007-10-22 03:34 | プーケットで微笑む

10月4日・5日

d0116622_3315971.jpg


4歳の女の子、こころちゃんと一緒に象乗りに行きました。
ラグーナ地区(バンタオビーチ)にお泊りだったので、レモングラスハウスがとっても近いのです。
行きに、お母さんのご希望でレモングラスハウスに寄りました。
約30分、お母さんは真剣そのもの。全商品をじっくり見て吟味してました。

さてさて、車を走らせること、約60分、カタビューポイントに到着です。
まだ、行ったことのない、パトンビーチ・カロンビーチ・カタビーチが一望できます。
風の通りもよく、気持ちよいですね。

そして、いよいよお待ちかねの象乗りです。
その前に、ゾウの標識で記念撮影!ところが、こころちゃんお休み中です。
お父さんもウトウトです。ということで、お母さん一人で撮影しちゃいました。

象乗りに到着後もこころちゃんはウトウトです。
「どうしますか?起こします??」
「いいえ。このままで良いんです。ちょうど良かった~」
「???」
実はこころちゃんは昨日、ラグーナ地区で象をみて泣いてしまったとのことです。
寝ているうちにゾウに乗れば、あの怖かったゾウに乗っていることは分からない!というお母さんの作戦です。
お母さんの作戦は大成功でした。
目の前にゾウが来ても、もう怖くありません!

帰りに、プーケット最南端のプロンテップ岬で景色を堪能した後は、ココナッツジュースをいただきました。ここで・・・
「美味しくないですね~」
そうですね。好き嫌いがはっきりしていますよね。キライな方にはお水にしますので、あらかじめ教えて下さいね!

ワットシャロンによって、そして、BIG-Cでお買い物をして帰りました。

そして、次の日はシーカヌーです。さらにパトンナイトでひみつの田舎料理にも行きましたよ!
[PR]
by frcphuket | 2007-10-22 03:32 | プーケットで微笑む

ベジタリアンフェスティバル6日目 10月17日

d0116622_16349100.jpg


ベジタリアンフェスティバル6日目、毎日、早朝に串刺しの行進はやっていますが、
この日は、大きな夜のイベント、火渡りです。

たくさんの信者達が、火の上を渡ります。
この人たちは、もちろん、神様が宿っている人たちです。
日本のお祭などでは、火力の弱まったところに一般の参拝者も火渡りが出来たりしますが、プーケットでは神様が宿っている人だけのようです。

d0116622_1657523.jpg


神様もいろいろいて、おじいちゃん、おばあちゃん、そして赤ちゃんの神様までいます。
赤ちゃんが宿っている人たちは、哺乳瓶を持って、おしゃぶりをくわえています。
おじいちゃんは杖をついて歩いています。

このよるの行事にはお客様も一緒に行きました。
この異様な光景に、最初お二人は絶句でした。

d0116622_1705418.jpg


昨日はたくさんの神社で火渡りが行われていたため、街中、行進ばかりでした。
爆竹の音、太鼓の音、これがタイ南部・プーケットのお祭です。
[PR]
by frcphuket | 2007-10-17 16:58 | プーケットの観光ツアー

プーケット・ベジタリアンフェスティバル 3日目 10月13日

d0116622_21522490.jpg


ベジタリアンフェスティバル3日目の今日から、行進がスタートです。
白い服を着た人達が列を作って行進です。
日本のお祭のように、神輿を担ぎ、太鼓などを叩いて行進します。
神社から始まり、神社に戻ります。
商いを営む人はこの行進で神様が通るときに爆竹を鳴らします。

d0116622_21531588.jpg


お、串刺しになった信者の人が歩いています。
この信者の人には神様が体に入り込んでいるので、この苦行も全く痛くありません。

崇拝に来ている信者からは爆竹が投げ込まれます。
最初はこの光景に驚きます・・

d0116622_215644.jpg


神社に戻ってきて、神社の前で崇拝の儀式が行われます。
皆大きなお線香を手に持って神様に手を合わせ合掌します。

d0116622_1923130.jpg



実際に肉眼でこのお祭を見たい方は島風案内人にご相談を!
[PR]
by frcphuket | 2007-10-13 19:24 | プーケットの観光ツアー

プーケット・ベジタリアンフェスティバル 2日目 10月12日

d0116622_18492511.jpg


プーケットは11日からベジタリアンフェスティバルに入りました。
とはいえ、お祭はプーケットタウン中心なので、西側のリゾートにお泊りの方はお祭なんてやっているの??と知らずに帰ってしまう方も多いはず。
私も昨夜、お祭の屋台を見に行きましたが、日本人はおろか、ヨーロピアンもポツポツしかいませんでした。
そりゃそうだ。22時過ぎに繰り出したんだから、普通は皆帰っている時間ですよね。

d0116622_19101189.jpg


ずらーと並ぶ、屋台街。
これは見ているだけで楽しいです。ラーメン・焼きそば・ワッフルなどもお菓子もあります。
おかず屋さんもずらっと並んでいます。
でも、これは全てベジタリアンフードなんですよ。

d0116622_18535714.jpg


とりあえず、何か食べるかということで、ラーメンを頼みました。
バミーチェーです。チェーとは菜食という意味で、このお祭の間は肉類は一切取らない厳粛なベジタリアンになります。もちろん、牛乳やタマゴも駄目です。
チャーイェンも豆乳仕様です。

なれるまでは、皆が着ている白装束に違和感が・・・

d0116622_1953266.jpg



そもそもこのお祭は、精進と苦行を行うもので、神が体に入った信者が、民衆のために苦行を行うそうです。
ベジタリアンフェスティバル!ときいただけでは、代々木公園でやっている、ただの出店のようにしか聞こえませんが、神が体に入った人たちは口に串や刀を刺して、行進をします。

皆、神が体に入った人を一目見ようと白装束になり、手を合わせて拝みます。

慣れるまでは、異様な光景です。そして、1年に1回しかないお祭なので、この時期プーケットにいらしている方は是非見ていって下さいね!


お祭を見たい人は島風に相談ください!
[PR]
by frcphuket | 2007-10-13 19:06 | プーケットの観光ツアー

パンガー湾一日シーカヌー

d0116622_13485011.jpg


本日のシーカヌーはパンガー湾に一日シーカヌーです。
パンガーの自然にたっぷり浸かれるツアーですよ。

まず、ツアーの流れですが、8時半ごろホテルお迎えです。
そして、ポー湾まで車で移動後、メンバーが集まり次第出港となります。
だいたい9時15分くらいに出港です。

ポー湾からパンガーに向けて、北上します。
だいたい1時間くらいで、ホン島に到着します。
その前に、まずはセルフパドリングチームをホン島の手前で下ろします。
そうです。セルフパドリングコースは自分達で漕ぎます。
この日は午前中に2時間漕ぐそうです。初めての人でも、簡単に進むシーカヤックです。

d0116622_13501048.jpg


私が参加したのはガイドさんが漕いでくれるコース、シーカヌーです。
シーカヤックとシーカヌーの違いは??
シーカヤックはプラスティックで出来ています。2人乗り、一人乗りがあります。
シーカヌーはゴムで出来ています。最大3名(ガイドさんを入れて)まで乗ります。

シーカヤックは降りるときに水に入るため、水着着用です。途中で島に上陸して休憩&スイミングタイム?をとるようでした。
そんなシーカヤックチームとは別れて、まずはホン島です。
雨の浸食により、一枚岩だった岩が、くりぬいた状態になっています。
ちょうど壁に囲まれた部屋のようになっているからホン島=部屋の島と呼ばれているみたいですね。
パンガー一帯は石灰質なんですね。あちらこちらに鍾乳洞があります。
モンキーケイブ寺院にも鍾乳洞がありますが、そこらじゅうであるんだな~!と感心しました。
石灰岩ってとってもやわらかい岩なんですね。よく見ると海水の満ち引きで削られているんですね。へぇ~とこれまた感心。

d0116622_1351190.jpg


約1時間の探索を楽しんだ後は一度船に戻り、休憩です。フルーツやお茶をいただきます。
船を走らせ、次の島へ。

こちらはなんと200Mもの長い洞窟がある島です。
まるで、東京ディ○ニーラ○ドのカリブの海賊のようで洞窟の独特な匂いがあります。そして、うすぐらーい雰囲気もこれまた他では体験できないな~としみじみ。
200Mの洞窟なので、中は真っ暗です。懐中電灯の光をたよりに漕ぎます。
こうもりも飛んでいます。見つけてみて下さいね。

d0116622_13513251.jpg


そして、昼食です。美味しいシーフードランチです。
魚料理・エビのフリッター・チキンのカレー炒め・野菜炒め・オニオンリング・鶏のココナッツスープなど、食べやすいタイ料理です。美味しくてビックリしました。
ソフトドリンクもフリーです。

d0116622_13521060.jpg


食後はしばし休憩です。
セルフパドリングチームは休憩するか漕ぐかその時々で決めるようです。

午後も1カヌーです。本当に自然のすごさを感じることが出来ます。
野生のサルと対面。なんと、サルは生牡蠣を食べに岸まで降りてくるみたいです。
かなりの数のサルにビックリでした。どうやってこの孤島まできたのかなぁ~。
と不思議ですが、サルも優雅に暮らしているのであれば、天敵もいなく幸せかも知れませんね。

d0116622_13531181.jpg


大自然の静けさを味わえるツアーです。
森の静けさって日本人はなじみがあるきがしますが、海&ジャングルの静けさって全く違います。自然の静けさに鳥肌を感じた私でした。

一日シーカヌーも良いな~
[PR]
by frcphuket | 2007-10-10 13:57 | プーケットのアクティビティ

セントラルでお買い物

d0116622_18415285.jpg


プーケットタウンとパトンビーチのちょうど途中にセントラルフェスティバルはあります。
セントラルフェスティバル内にはデパートや店舗が入っていて、レストランも数軒あります。

ちょっと綺麗なスーパーTOPSも入っているので、地元外国人も御用達ですね。
タイのお菓子や日用品も売っているので、日本と値段を見比べるだけでも面白いですよ。
野菜や果物は量り売り。
日本ではなれない形式ですね。

キロいくらと書かれても安いのか高いのか、最初のうちはよくわかりませんでした。

セントラルはとても綺麗なショッピングモールです。
タイ人はあまり買い物をしている人は少ないですかね??
土日になると、ウィンドーショッピングのタイ人ファミリーでごった返すセントラルです。

d0116622_1995848.jpg


映画館もあるんですよ。
観光客の方は長期で滞在の方以外は入らないですよね~。
でも、120Bとリーズナブルなので、ちょっと休憩がてら入ってみるのも悪くは無い?ですかね~。

d0116622_19115164.jpg


レストランは写真のタイスキのMKにはじまり、たくさん入っています。
タイ人はもっぱらフードコートを利用していますかね??
一般的なタイの味を味わうならフードコートも良いですよ。
シズラー・ピザ・8番ラーメン・zen・fuji・oishi・ピザハット・ミスド・タイ料理のお店など入っています。

フェスティバル内には出店もあり、民芸品や石鹸・アロマオイルなどもあります。
また、ジムトンプソンやナラヤも入っています。
お土産屋さんは無いので、箱に入ったようなプーケットのお土産を購入するのであれば、大きなお土産屋さん(パトン・タウン・カシューナッツ工場)などで購入されるのが良いですね。


プーケット旅行でセントラルによってみたい・・
相談は島風まで・・
[PR]
by frcphuket | 2007-10-09 19:18 | プーケットの観光ツアー

豪華チャエイムスパ

d0116622_11341033.jpg


プーケットタウン、セントラルの真向かいにあるチャエイムスパです。
チャエイムスパはあのエンターテイメントレストラン、タイナーンレストランに併設されているスパなんです。
レストランは昔からありますが、スパは最近出来たとても綺麗なスパですよ。

つくりもゴージャスです。
トリートメントルームはまるでホテルの一室のように、完全プライベートになっていて、温水シャワー・トイレも付いています。自分だけの贅沢な時間で癒し効果は絶大ですよ。

d0116622_11434583.jpg


スパにつくと、まず、レモングラスティーとホットタオルのサービスです。
暑い暑いプーケットでおしぼりのサービスはうれしいですね。日本ではレストランで当たり前のように出てくるおしぼり。海外ではなかなか出てきませんからね。
そして、コースによってはマッサージオイル、スクラブを選びます。
もう一つ安心できる所以は日本人スタッフがいる事。
詳しいことを聞くのはやはり日本語だと助かりますよね??

女性には敏感肌用のフェイシャルもあるので、私はそのコースを体験しました。
見たことないマンゴスティンのスクラブ。どうなんですか?と質問してみましたところ、
マンゴスティンのスクラブは日本人には少々強すぎるみたいですね。
敏感肌の人にはタイハーブのスクラブがお勧めだそうです。
スクラブ・マッサージの強さなどは受付時に確認します。

たくさんコースがありますので、ご希望のパッケージが見つかると思います。
男性にはエステエステしていない、ヘッドマッサージや指圧マッサージのパッケージがお勧めですよ。

d0116622_124859.jpg


スパの貸し出しセットです。ガウンはサウナ後にトリートメントルームまで着ていくものです。
バティック(布)はサウナ・ジャグジー用です。スリッパはサウナルーム・トリートメントルームの行き来にお使いください。タオルはサウナ後にガウンに着替える前にお使いください。
まずは洋服を全部ロッカーに入れ、バティックに着替えましょう。サウナに入る前にシャワーで体を綺麗にします。それから、屋外のサウナルームに行きます。タイハーブのスチームサウナと高温サウナがありますので、お好きな方をお選び下さい。
暑くなった場合はジャグジーに。
冷水・温水(かなり温め)とありますので、お好みでどうぞ!

d0116622_12324962.jpg


トリートメントルームに移動したら、まずはフットバスです。セラピストさんが丁寧に足を洗ってくれます。
次にトリートメント台へ。お申し込みになったコースをゆったりお楽しみください。
チャエイムスパは使い捨てパンツが用意されています。
他のスパでは完全に全裸というところが多いのですが、初めての方には少々抵抗がありますよね。チャエイムスパですと、パンツがあるので、心持、安心?ですよ。
しかもこのパンツ、スクラブなどで汚れてしまうと、トリートメント毎に新しいものを出してくれるので、本当に快適です。

そして、私が感動したのは、トリートメントの合間にお茶を出してくれるところです。
3時間コースなど長い場合は結構のどが乾くこともありますよね。
でも、逆に、飲みすぎると、マッサージで血行の促進効果もあり、トイレが本当に近くなるので、私的には要注意なんです。
本当に気持ちよいとトイレなんて忘れて爆睡してしまいますが・・
気持ちよすぎて、イビキかいてないかちょっと心配です。
って心配しても後の祭ですけどね!

d0116622_1238549.jpg



全てのトリートメントが終わったら、更衣室に戻り着替えます。
お化粧をする場合はこちらでどうぞ。

快いサービスを受けたらセラピストさんに是非チップを渡してあげてくださいね。


そして、チャエイムスパの一番魅力的なところは・・・
女性の皆さんに大好評のスパ後のお買い物タイムです。
セントラルフェスティバルがすぐ真向かいなので、チャエイムスパご利用のお客様には特別プライスでお買い物が楽しめることです。

チャエイムスパのコース・メニュー・お買い物プランを見る!
[PR]
by frcphuket | 2007-10-09 12:52 | プーケットの癒しスパとエステ