プーケットのスパ&エステ、タイ古式マッサージ、ダイビング、観光ツアー 、離島、オプショナルツアー 

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タンタラスパ

プーケットタウンのタンタラスパに行ってきました。
d0116622_21435370.jpg

まずは受付のスタッフが問診表を持ってきます。あと、ジンジャーティーも頂きました。
スパを受ける前に、日焼けや体調の悪いところはないか、セラピストさんに把握してもらいます。
d0116622_21443649.jpg

ボディスクラブアロマオイルの見本も置いてあります。
どういう効能があるか日本語で説明して下さいました。
d0116622_21444811.jpg

今日はお肌の活性効果のあるレモングラスオイルと、敏感肌用のタイハーブをスクラブに選びました!
d0116622_2145157.jpg

ロビーからは湖も見渡せ、落ち着いているスパです。すぐ脇にはプールもあります。
d0116622_2145189.jpg

受付を済ませたら、男女別のロッカールーム兼サウナ&ジャグジーに向かいます。ロッカーの前に着くと、パレオをもったお姉さんが待機。「え?ここで脱ぐの??」ちょっとびっくりしました。
パレオの着方が分からない方には親切ですが、ちょっと恥ずかしいですね。
着替えたらシャワーを浴び、約30分スチームサウナに入ります。熱くないけど、かなりスースーする香りでした。時間がたつと呼ばれます。次はジャグジーへ。ここで冷たいお茶をいただきます。
そしてまたまたパレオの着替え。バサ!!布を替えます。
なすがまま・・・
d0116622_21453476.jpg

トリートメントルームです。
冷房が効いていて、お好みの温度に出来ますね。
まずはボディスクラブ。
ゴシゴシ。ゴシゴシ。丁寧にマッサージしてくれます。気持ちいいー。寝てしまいそう・・・全身、スミからスミまで、ピカピカ、ツルツルです。タイハーブの香りに包まれ、リラックス。
一度シャワーを浴び、次はオイルマッサージ。
こちらもウトウトです。セルライトが動く動く!!気持ちよかです。
適度な指圧が血行を良くします。いかに悪いものが溜まっていたかわかりました。
d0116622_2146046.jpg

こちらがトリートメントルームないのシャワールーム。ミルクバスもこちらで入ります。

スパ終了後はフルーツとお茶をいただきます。湖を眺めながらホット一息。

タンタラスパのお申し込みやメニューの詳細は
プーケットリラックスパ
[PR]
by frcphuket | 2007-05-08 21:46 | プーケットの癒しスパとエステ

フォーチューン

d0116622_092592.jpg

プーケットタウン、ラサダロードにある、お土産やさん、フォーチューンです。ガイドブックにも乗っている有名なお店。ここのお店のタイ人スタッフは日本語が話せるので安心です。
良心的な値段での販売なので安心。値段が付いていないものもありますが、いくらか聞けば教えてくれます。ぼられることもないので安心。
d0116622_093696.jpg

何時間いてもいいですよ!ゆっくり見て行ってくださいね!本当に親切です。
d0116622_094866.jpg

石鹸は1つ100B。他にもクッションカバーは二つで250B。ネクタイ250Bとお手ごろ価格。
ハガキ10B~、お香50B~、カゴ180B~。
d0116622_010240.jpg

こちらのタイシルクのストールも250Bです。
お気に入りの一品を見つけてください。
[PR]
by frcphuket | 2007-05-08 00:12 | プーケットでお買い物

プーケットカルチャーセンター

d0116622_2325355.jpg

プーケットタウンより車で約10分。小さな湖のほとりにプーケットカルチャーセンターはあります。
かなりこじんまりしている。ガイドブックにはゾウ乗りができるとかいてあるが、現在は休止中らしい。
他にも、おみやげ物などの販売も行われなくなったようだ。
d0116622_23252524.jpg

レストランが併設されていて、中国人、韓国人の団体さんによく利用されているみたい。
湖のほとりなので雰囲気はとても良い。予算も一人300バーツくらいからだ。
d0116622_23254740.jpg

水牛の模型やイサーン特有サラなどがある。
サラの下で食事は雰囲気がとても良いのでおすすめ。
d0116622_23261236.jpg

こちらでは毎日2回、朝11:00~ 夕方17:30~
各1時間ショーが開催される。気になる値段は一人定価650バーツ。
ちょっと高い気がする。
d0116622_23263075.jpg

でも、綺麗な衣装に身をまとい、間近でタイ舞踊が見れ、写真も撮れるので、写真を目当てで行くにはいいかもしれない。カロン地区にある某有名なショーを見てしまうと、その差は歴然としてしまうので、何とも言いがたいが、あちらは完璧なショー!こちらは何ともタイらしいショーといえるのではないか。完璧でないところがいかにもタイらしい。
d0116622_23264631.jpg

途中、ムエタイダンスなどもある。
d0116622_23271117.jpg

鳥の格好をしてダンス。
d0116622_23272466.jpg

フィナーレは各国の言葉『さよなら』を持ったセンスで終了。
[PR]
by frcphuket | 2007-05-07 22:28 | プーケットの観光ツアー

ピピ島ツアー

d0116622_2349152.jpg

ホテルへのお迎えはだいたい7:00が多いピピ島ツアー。8:00にラサダ港につき、まずは券をかねたシールをもらいます。見えるところに張って下さい。
この大きな船でピピ島まで向かいます。所要時間はだいたい1時間20分くらいです。
d0116622_23492838.jpg

船は4階建て!こちらはセカンドデッキです。二階部分は全て冷房の部屋。そして、トイレが四箇所に、コーヒー、紅茶を配布しているコーナーもあります。
d0116622_23501963.jpg

こちらはファーストデッキの売店です。おみやげ物が売っています。
d0116622_23504643.jpg

こちらはサードデッキの売店。お菓子の販売はこちらです。
d0116622_23513317.jpg

こちらもサードデッキ。三階部分は半分は冷房の部屋、半分は屋根つきの外のスペースになります。
d0116622_2352760.jpg

こちらは出発まえの軽食サービス。コーヒーと紅茶を選べます。
d0116622_235238100.jpg

ピピ島につくと、スノーケルのできる小さな船に乗り換えです。
d0116622_2353449.jpg

まずは20分ピピ・レイ島をぐるりと回って観光です。
映画の舞台となったマヤベイも船上から眺めます
d0116622_23564989.jpg

今日は特別サービス??お子様に風船をプレゼント。子供たちとスタッフの皆さんでワイワイ楽しくクルーズです。
d0116622_23571298.jpg

さて、スノーケル!約1時間楽しめます。
d0116622_23573456.jpg

真水のシャワーで海水を流したら。
d0116622_23575178.jpg

更衣室で着替えます。
d0116622_2358458.jpg

トイレはこんなかんじ。シャワートイレです。
d0116622_23581825.jpg

スノーケルを楽しんだら、ピピ・ドン島へ向かいます。
d0116622_23583513.jpg

自分のシールの色と同じ看板を持っているスタッフについていきます。
d0116622_23585412.jpg

お食事はこちらのホテルでいただきます!
d0116622_23591232.jpg

タイ料理のセットメニューです。
d0116622_23594042.jpg

丸テーブルでみんなで食事!料理が少なくなると、スタッフの方が足してくれるので、遠慮は無用!納得いくまで食べれます。食べ終わったら解散。各自のフリータイムです!
d0116622_23595852.jpg

トンサイビーチでのんびりしてもいいし。
d0116622_003244.jpg

島の観光にぶらぶら歩いても楽しいし。可愛いワンピースが売っていたり。
d0116622_005414.jpg

このキャミソールも結構可愛い!いくらかたずねたら380バーツだそうだ。もう少し値切れるかな?
d0116622_011278.jpg

津波の被害がそのままに。コンビニの枠組みはあるものの、中身はない!!
d0116622_013147.jpg

帰り用のチケットを見せて再度乗船。残りの半券はラサダ港からホテルまでの送迎チケット。
d0116622_014831.jpg

乗船後、フルーツのサービスあり。

今日はあいにく雨が降っていましたが、それでも楽しめたと思います。
晴れていたらもっと綺麗に写真を撮ることができたのかな。
スノーケルピピ島観光が一緒にできてなかなかお得なパッケージツアー。
船も大きいのでそんなに揺れず、移動の時間は爆睡でき、適度にお休み時間もあります(笑)。

ただし、トンサイビーチで泳ぐ場合はそのあとのシャワーはないので、要注意!

ピピクルーザーのスタッフの皆さんはとても親切でフレンドリーです。
乗船される方はスタッフの皆さんと仲良くなってきてくださいね。

コンパクトにまとまったピピ島ツアーでした!

ピピ島ツアーのお問い合わせ・お申し込みは
バイマイツアー
[PR]
by frcphuket | 2007-05-02 23:54 | プーケットの離島ツアー